戻る

トップ・ページへ cartカートを見る 
エントランス 製品情報 お知らせ BtoBコンテンツ サポート 注文について
エントランス → 製品情報 → 蛍光灯インバーター → AQ-PJシリーズ

高力率調光制御一体型蛍光灯インバーター Since2008/12/5

製品外観
外観
サイズWDH/重量,他
重量  145g〜170g
サイズ W192mm×D45mm×H30mm
    (※Hは部品高さ)
    基板下部品リード4mm以下
分類
◆ 蛍光灯インバーター
◆ 調光制御ポート付き
◆ 高低力率
◆ 単相AC100〜120(220)V入力
◆ 出力(1灯)
採番規則
例 AQ−PJ 24 S HT −D16 _S00 ・・・・例は実在しません
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
    │    │ │  │  │    └ _S00:顧客コード オプションコード(汎用は略)
    │    │ │  │  └───── −D16:駆動電力 例は16W駆動(定格と同一は略)
    │    │ │  └────────── HT:蛍光管種別 例はHfツイン3管(直管は略)
    │    │ └────────────── S:灯数 例は1灯
    │    └─────────────── 24:蛍光灯形式 例は24型
    └───────────────── AQ−PJ:シリーズ名
 シリーズ全機種,取説・付属品は添付されません。
 当該シリーズは電源入力・蛍光管出力は電線直差し,調光ポートはコネクター接続です。
 詳細は下表から各機種の型番をクリックしてください。
AQ-PJシリーズ既製品
AQ-PJ20S-D24
20型直管 FL20*
20型サークル管 FCL20*
1灯
AQ-PJ24SHT
24型ツイン3管 FHT24*
1灯
AQ-PJ40S
40型直管 FL40*
40型サークル管 FCL40*
1灯
特徴
・双方向スローレスポンスタイプ調光コントローラーを搭載しており,5%〜100%の範囲で調光ができます。
・外部VR端子には日圧 EH 3Pコネクターを採用しております。
・力率改善回路(PFC)を搭載しており,高力率です。
・RCCコンバーター方式のPFC回路なので突入電流がありません。
・総出力で42Wまで,単灯対応です。
・内部高圧電源が安定化されており,電源電圧の変動や瞬停があっても出力変動は皆無です。
・出力ポート,入力ポートは全てバラ線半田付け端子を採用しております。
・ラインフィルターを2段搭載しており雑音端子電圧VCCI ClassB のクリアーは容易です。
◆ 双方向調光制御仕様「PWM_specifications.pdf」
◆ 産業用器機への応用や機種選定には「開発商品の詳細」を参照してください。
◆ 機種選定は,蛍光灯toインバーター・ソケット「機種選定ウイザード」で。
◆ 未対応蛍光灯の新規設計について「既製品にない蛍光灯のインバーター設計」
注1)エンジニア向けコンテンツ「調光制御回路設計要項」にある調光範囲20%〜100%を逸脱するものです。
  20%以下の調光についてはランプ寿命,デバイス温度上昇なとに充分御留意しながら設計検証してください。
注2)PWM調光方式の為,画像処理で調光を行うことはできません。
注3)始動余熱機能は有しておりません。
注4)付属品や取り扱い説明書は添付されません。
注5)電源電圧の範囲は90V〜242VですがPFC回路のチューニングを120V中心で行っており,200V系の電圧では
  良好な特性が得られません。200V系電圧は別途リクエスト願います。
電源電圧 vs 力率/効率データー
下図は電源電圧70V〜240Vの範囲で力率と効率を測定した代表データーです。
左のグラフはPJ20S-D24の代表データー右のグラフはAQ-PJ40Sの代表データーで,
パラメーターは非調光時(100%)と調光時(20%)のカーブとなります。
※高・電源電圧側での力率悪化は,ラインフィルターのXコンデンサーの進相電流の影響によるものです。
 AQ-PJ20S-D24 PFC特性 AQ-PJ40S PFC特性
温度上昇データー
左図はAQ-PJ20S-D24の非調光時(定格24W×1灯負荷)の各デバイスの温度上昇データーです。
右図はAQ-PJ40Sの非調光時(定格40W×1灯負荷)の各デバイスの温度上昇データーです。
 AQ-PJ20S-D24温度上昇グラフ AQ-PJ40S温度上昇グラフ
保証期間
保証期間:1年  保証規定へ
推定寿命: 8000時間 @75°C(基板周囲温度)
    :16000時間 @65°C(基板周囲温度)
故障したら
点灯しない場合,こわしてしまった場合に御一読ください。→ 故障判定と修理
検索エンジンから このページに御来店のネットサーファー様へ こちらがトップページとなります。
ダミーギャップ