戻る

トップ・ページへ cartカートを見る 

既製品にない蛍光灯のインバーター設計

 既製機種以外で特殊な蛍光灯用のインバーター基板が必要でしたら,新規設計致します。ベースとなる機種のシリーズ名(例AQ-F/AQ-LN/AQ-GN/FA-G)と共に問い合わせフォームより御要求ください。企業様問い合わせフォーム個人様問い合わせフォーム
 尚,既製機種が存在しない場合でも設計が完了している場合があります。
 設計可能な蛍光灯の電力範囲は,AQ-F/AQ-GNシリーズの場合には2灯で40W以下又は1灯で74W以下です。FA-Gシリーズでは1灯31W以下,AQ-LNシリーズでは1灯18W以下となります。
●新規設計はお客様より該当する蛍光管2本(蛍光管の定格が20W以下の場合4本)を御提供頂き,これにマッチする定数を設定し,さらに出荷時の検査用 負荷とさせて頂きます。
●御提供いただいた蛍光管はお届けしたインバーターに不具合を生じた際の技術的検証作業にも必要なものです。2012/8/7追記したがいまして御供頂きました蛍光管は設計が終了しても返却できません。
●現行プリント基板に収納可能な範囲で尚かつ技術的な難易度が不要であれば,設計費用は無償とします。この際製品単価を御見積いたします。製品単価は多くの場合,現行製品並となりますが,カスタム部品(チョークコイル)への修正を余儀なくされた場合には試巻き代金を承ります。
●カスタム部品の製品をリピート生産依頼されます場合には数量を50枚以上,納期2ヶ月,少ロット費用を要する場合があります。
●現行プリント基板に収納不可能であればプリント基板アートワークなどの設計費用ならびに製品単価見積致します。(約36万円)
●新規プリント基板を用いた商品が弊社商材としても有用と判断した場合にはセミカスタムとして再販権利を折半とし,初期費用の半額を弊社にて負担いたします。(約18万円)
●以降弊社にて付与した型番にてリピート生産が可能となります。
●弊社固有技術の範囲で設計が不可能と判断された場合ならびに受注が1ヶ月以内に成立しない場合には,お客様のお申し出により,御提供いただきました蛍光管を返却致します。
●新規設計終了時点より需要予測に基づき新製品として登録する場合があります。
●双方の合意に基づき御提供の蛍光管を依頼者に返却する場合には経理情報以外の生産情報
 および定数設定情報などを全て廃棄させていただきます。(部品表・作業指示書・治工具等の廃棄)同時にインバーターの性能保証ならびにアフターサービス,製品保証を放棄いたします。
 更に再度ランプの御提供とリピート生産を御依頼の場合には定数再設定費用ならびに生産情報設定費用(計5万円)をイニシャル費として御請求させていただきます。2012/8/7追記
開発時点より1年間以上リピートオーダーがない場合には御提供いただいた蛍光管の廃棄と共に上記同様の処理を行わせていただきます。2012/8/7追記

検索エンジンから このページに御来店のネットサーファー様へ こちらがトップページとなります。
ダミーギャップ