戻る

トップ・ページへ cartカートを見る 
エントランス 製品情報 お知らせ BtoBコンテンツ サポート 注文について
エントランス → 製品情報 → ・・ → AQ-C シリーズ → 調光制御コントローラー

調光制御コントローラー Since2007.4.23

特徴
  • AQ-C12シリーズは調光制御一体型蛍光灯インバーターAQ-GNシリーズからPICマイコン部(調光制御回路)を抜き取り,製品化したものです。
  • インバーターとの電源ON/OFFの同期をとっていただく事により,始動キック制御を行います。
  • 調光制御ポートの付いた蛍光灯インバーターAQ-F/AQ-FTシリーズや,高力率蛍光灯インバーターAQ-PWシリーズの調光制御パルスを生成する小型のマンマシンインターフェースとなります。
  • コネクターからDC 0to5V による電圧制御で調光制御が行えるバージョンも用意しました。組込器機への対応として,集中管理装置なども容易に構成できます。
  • PICマイコンのプログラムはボード上で書き替えが可能で,電源投入と同時に明暗を自在にコントロールする自動調光照明カスタマイズも可能です。蛍光灯を使った店頭カンバンに応用すればネオンサイン並に目立つアイキャッチ型のディスプレーも作成できます。
  • 標準のソフトウエアーは力率改善回路の付いたインバーター(AQ-PWシリーズ等)用の双方向PWMポート,AQ-F/AQ-FTシリーズ用の単方向,VRの回転角に対しPWMデューティーレートがリアルタイムで反応するQuickResponceタイプと,ゆっくり反応するSlowResponceタイプの4系統を用意しております。

◆マンマシンインターフェース仕様(フル実装) 外観 ◆組込器機仕様 外観
マンマシンIF仕様 組込機器IF仕様
◆基板の取り付けはAQ-GNシリーズVR分割基板と同じ寸法です。テンプレート基板が付属しており,パネルに角穴を開けていただくことで,『MAX』『MIN』の表示ができます。
VR取り付けの図
形状・寸法

型番 税込単価 外観 実装ファームウエア 適応インバーター 仕様書関連リンク
AQ-C12_03 \1,728 フル実装仕様 双方向QuickResponce AQ-PW 仕様書双方向仕様
AQ-C12_04 \1,728 フル実装仕様 単方向QuickResponce AQ-F/AQ-FT 仕様書
AQ-C12_05 \1,728 フル実装仕様 双方向SlowResponce AQ-PW 仕様書双方向仕様
AQ-C12_06 \1,728 フル実装仕様 単方向SlowResponce AQ-F/AQ-FT 仕様書
AQ-C12_07 \1,555.2 組込器機仕様 双方向QuickResponce AQ-PW 仕様書双方向仕様
AQ-C12_08 \1,555.2 組込器機仕様 単方向QuickResponce AQ-F/AQ-FT 仕様書
AQ-C12_09 \1,555.2 組込器機仕様 双方向SlowResponce AQ-PW 仕様書双方向仕様
AQ-C12_10 \1,555.2 組込器機仕様 単方向SlowResponce AQ-F/AQ-FT 仕様書
  • EH-3P(平行)ハウジングAssy,およびNH-3P(平行)ハウジングAssyが付属します。
  • ケーブルは別売10本組みでも販売中AQ-C17,AQ-C20
  • DC電源は外部12Vとなます。別途御用意いただくか,プラグがマッチするACアダプターAQ-C15をご利用ください。
  • AQ-C12複数台を並列運転する場合には,付属の電源用NH-3Pケーブルにてディジーチェーン結線してください。

AQ-C12_03
AQ-C12_04
AQ-C12_05
AQ-C12_06
AQ-C12_07
AQ-C12_08
AQ-C12_09
AQ-C12_10

PWMインターフェース(技術情報)
◆単方向制御仕様の回路と調光インバーターとのインターフェースは右図の様になります。(クリックで拡大表示します。)
AQ-C12_04/06/08/10 to AQ-Fシリーズ
AQ-FTシリーズ
単方向仕様IF
◆双方向制御仕様の回路と調光インバーターとのインターフェースは右図の様になります。(クリックで拡大表示します。)
AQ-C12_03/05/07/09 to AQ-PWシリーズ
双方向仕様IF
◆試験調光ユニットAQ-C06/AQ-C16と調光インバーターとのインターフェースは右図の様に信号名や極性が異なります。御注意ください。(クリックで拡大表示します。)
AQ-C06/AQ-C16 to AQ-Fシリーズ
試験調光ユニットでのIF
◆AQ-GNシリーズと調光インバーターとのインターフェースは右図の様になります。当該調光コントローラーAQ-C12シリーズとAQ-GNシリーズを並列に接続されますと,PWM信号線が競合し,正常に動作しません。御注意ください。(クリックで拡大表示します。)
AQ-GNシリーズ
AQ-GGシリーズ
AQ-GNとのIF
◆予熱制御の付いたAQ-GGシリーズと調光インバーターとのインターフェースは右図の様になります。予熱制御の出力はEH-4P仕様になり,他のEH-3P仕様の調光ポートとはマッチング致しません。当該調光コントローラーAQ-C12シリーズとAQ-GGシリーズを並列に接続されますと,PWM信号線が競合し,正常に動作しません。御注意ください。(クリックで拡大表示します。)
AQ-GNシリーズ
AQ-GGシリーズ
AQ-GGとのIF

重要なお知らせ ファームウエアー・バグ報告と無償交換のお知らせ

2007/4/28〜2008/2/25の期間中に調光制御コントローラー単方向タイプの各AQ-C12_04,AQ-C12_06,AQ-C12_08,AQ-C12_10をお買いあげのお客様へ

PICマイコンのファームウエアー(ROM番号)NCR8013-AおよびNCR8016-Aにバグが発見されました。
このバグとチップ(PICマイコンAD変換回路)のバラツキにより,調光VR右回し一杯(100%明度)にて減光され,AQ-C12_04,AQ-C12_08の場合,最悪50%程度の明るさに,AQ-C12_06,AQ-C12_10の場合,90%程度の明るさにしかならない場合があります。
原因はPICマイコンのAD変換ポートのチャンネル間クロストークによるもので,PICマイコンの5番ピンをプルアップすることにより解消されます。
弊社品質管理上の問題(見逃した理由)はVRフルでの減光の確認をしていなかったことによります。検査手順書にVRフルでダーミーインバーターの電力測定を追加いたしました。

今回,ファームウエアーのコーディング修正により,AD変換のクロストークを軽減させ,減光することのないバージョンを生成しました。
修正が必要なお客様には,修正されたROMを搭載した該当ユニットを無償にて発送させていただきます。
尚,修正版のROM番号はNCR8013-BおよびNCR8016-Bとなります。
修正版を御希望の方はサービス依頼フォームにて御連絡いただきます様,お願い申し上げます。

尚,既にエンドユーザー様などからプログラムを含めた機器の承認を得ていて,ROMの変更等に疑義を生じるお客様には,引き続きバグのあるバージョンにて御供給させていただきますので,次回発注時にその旨をお申し出下さい。
この場合の減光の状態はチップバラツキの影響を受け,AQ-C12_04,AQ-C12_08では50%〜70%に,AQ-C12_06,AQ-C12_10では90%〜95%と予測されます。


検索エンジンから このページに御来店のネットサーファー様へ こちらがトップページとなります。
ダミーギャップ